プラチナの買取について紹介!

買取において、金に次いで人気が高いのがプラチナではないでしょうか。
その美しい白銀の表情だけでなく、丈夫で劣化の少ない性質も人気のひとつとなっています。
さて、そんなプラチナなのですが、金と同様に非常に貴重な貴金属として知られています。
そのためか、年々相場も上がってきており、高価買取となると言われています。
そのためか、数多くの買取業者でもキャンペーンなどを繰り広げて、高価買取を示唆しています。
しかし、ただプラチナを持ち込んで高価買取となるのでは無く、それなりに高価買取とするには、コツが必要となっていきます。
ここでは、そんなプラチナを高価買取するためのコツを紹介してきます。
是非、参考にしてみてください。

プラチナ買取の買取店舗選び

まず、プラチナを良い価格で買取するための方法として第一に注意したいのが、買取店舗選びでは無いでしょうか。
やはり、プラチナに詳しい鑑定士がいる場所で無い限り、良い価格で買取を成功させるのは困難です。
さらに、プラチナのリングなどのジュエリーの場合、基本的にはダイヤモンドが付属している事が基本となります。
プラチナの美しさはダイヤモンドをより輝かせるという事が言われており、ダイヤモンドが多く使われているのが特徴となります。
そのため、ダイヤモンドの鑑定もしっかりとできる買取店舗を選ぶ事が、より良い買取を行うためには重要となってくるのです。
ここは、外さないでくださいね。

プラチナの品位とは

金には、24金や18金がありますが、プラチナは一体どうでしょうか。
実は、プラチナにもちゃんと品位が存在しており、その品位によっても価格が大きく変化していくのです。
まず、品位も大きく分けると4種類と考えてください。
細かくいけば、もう少しありますが、大体の場合は1000,950,900,850となっています。
Pt1000と表記されるのですが、これは純粋なプラチナとなります。
純度が上がって行けば、輝きだけでなくその強度も増して行きます。
結果的に、買取価格も同様に上がって行くわけです。
もし、プラチナ買取で高価買取を狙いたいのであれば、品位の高いものに注目すると良いでしょう。

プラチナの産地とレア度

金の埋蔵量の場合なのですが、もう決まっていると言われており、どんどん希少価値が高くなっています。
プラチナも同様の事を言われている部類であり、とにかく貴重な貴金属としてしられています。
そのため、価格も金を上回る事もあるほどです。
さて、そんなプラチナの産地なのですが、産出量順に見て行くと、南アフリカ共和国、ロシア、カナダ、ジンバブエ、アメリカ合衆国、コロンビア となっています。
実は、国内でも僅かに産出している事が分かっており、北海道の天塩川、石狩川で見つかっているのです。
今後も新しい産出箇所が見つかればプラチナの価値も変わってくるかもしれませんね。

間違いやすいのがホワイトゴールド

プラチナ買取に行き、思わしい買取価格とならなかった…と、いう方もいるかもしれません。
それには様々な要因が関わってくるとは思うのですが、ひとつ注目しておきたいのが、ホワイトゴールドでは無かったかという事です。
ホワイトゴールドは、白金と呼ばれるカラーゴールドであり、一見プラチナとそっくりである事もこういった誤解を招く要因となっているようです。
金に割金を行っているために、こういった白銀の輝きとなるようです。
もちろん、どちらも美しいのですが、プラチナの方が評価が高いのが世の常でもあります。
しっかりと、プラチナ製品であるか確認をして持ち込んで下さい。