甲冑買取の相場とは?

近年、近代化するテクノロジーとは別に古き良き仕様の甲冑などに注目が集まっています。
その理由は、やはりその当時にしかできなかった、素晴らしい技術力が集まった甲冑などを美術品として手もとに置いておきたいという、そういった方々が増えた事が要因でしょうね。
基本的には、こういった甲冑買取は今相当なブームとなっており、数々の買取専門店も、甲冑の買い買取には力を入れてます。
しかし、この甲冑なのですが、一体どれほどの価格での買取が可能なのでしょうか?
甲冑買取の相場を知らない事には、甲冑を気持ちよく買取してもらう事はできませんよね。
そこで、今回はそんな甲冑の相場についてここで紹介していこうと思います。
では、早速いってみましょう。

・甲冑の価格①
まず、誰もが手にしやすいと言われているのが、足軽兵の甲冑。
こちらは、量産されている事もあり安価となります。
とはいえ、とても貴重なのものには変わりないので、10万円台は行くとされています。
さらに、そのワンランク上の武将用の甲冑となると100万円を超える場合があります。
ただし、有名であり誰もが知る武将のものに限りますのでチュイしてください。

・甲冑の価格②
さて、甲冑買取でも特に注目されるのが、大名の甲冑となります。
雪の下胴(伊達正宗)や最上胴(最上義光・伊達政宗など)、そういったセットでは200万円はくだらないと言われています。
しかし、中には実際に着用していて、日本にもひとつしか無いとなると、数千万円という金額となる場合もあるようです。
これは、ごく稀ですが凄い甲冑買取になる事は間違えないですね。

・価値が分かるところへ
結果的に、こういった甲冑というのは、鑑定士がしっかりと価値が分からなければ良い価格とはなりません。
そういったいた事も、踏まえ、まずは優秀な買取専門店を探す事が高価買取のコツとなるのです。